晴耕雨読

こんにちは!なんばキャンパスです。
すっかりここ最近は雨ですね。
なんばの中の人は頭痛持ちなので、雨の日は頭痛くなりがちですが
雨自体は嫌いではありません☂
雨の日は読書が進むので、本好きは雨好きが多いような

四文字熟語で【晴耕雨読】という言葉があります。
晴れた日は畑を耕し、雨の日は読書をすること。
または、都会を離れ、自由に読書を楽しむ人の意味として使われます。

昔からある言葉ですが、素敵な言葉ですね。
そろそろ台風の季節なのもありますが、現代人の生活が晴耕雨読とはかけ離れていますね。
台風の時に電車が止まって出勤できない…困ったなぁなんてことも。
電車が止まるくらいの雨なんだからおうちにいられたらいいのになぁ…(;’∀’)

お仕事だから仕方ないところももちろんあるのかもしれませんが
しんどい時や危険な時はちゃんと休めるようになるといいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です