zoomに思う

 

先日、夏休み前のオンラインHRを行いました。
数十人の生徒が映るモニターを見ながら、ミーティングツールとしてzoomはすっかり定着したなぁ、
と思っている次第。

使ってみるまでは、とにかく不安(笑)
顔映るのか~、と抵抗感。
でも、使っていくと、慣れるもんです。

思い出すと、一昨年の3月。
緊急事態宣言が発出されて、自宅での自粛生活を余儀なくされました。

それまでの生活を振り返ると、ミーティングは対面が基本、補助ツールとしてメールと電話。
別の場所にいる人とオンラインで会議や打ち合わせをしている企業はおそらく限られていて、
利点も必要性も感じていなかったんですね。

緊急事態宣言からしばらくは「今までの生活に戻れるように…」という声も聞かれましたが。

コロナをきっかけに、当り前じゃなかった事が当たり前になっていく。
コロナ後の今の生活の中、スタンダードとなったものも色々ある気がします。

それでもやはり、マスクを外した生活に戻りたいな~、と思う今日この頃です。