新年度🌸

新年度スタート

4月になりましたね!
令和3年度が始まりました✨

4月1日といえば、スタートの日というイメージですが、学年で一番早い誕生日は4月2日ということをご存じですか?
結構有名な話なので、知っている方が多いかもしれませんが、なぜ4月1日ではなく4月2日が学年で一番早い誕生日になるのでしょうか?

 

さっそく調べてみました!
答えは、法律上で人が歳を取るのは誕生日の前日の最後の瞬間と決められているためです。
4月2日生まれの人が歳を取る瞬間は、4月1日午前24時ということです。
そのため4月1日生まれは、3月31日の午前24時に歳を取ることになるので、新年度になって一番早く歳を取る人は4月2日生まれになるのです。

どうしてこのように決められているかというと、うるう年の人を考慮しているからのようです。
2月29日は4年に1回ですが、歳を取るのが前日の最後の瞬間であれば、うるう年の人は2月28日の午前24時に歳を取ることになり、毎年きちんと歳を取ることがてきるのです😆

ということで、4月1日と2日はたった1日違いですが、それぞれの日に生まれた人たちにとっては1年分の違いに感じるかも知れませんね😊

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です