ピノキオ

最近、ディズニーの映画『ピノキオ』を見ました。

 

昔から実家にピノキオの絵本があり、小さい頃親から読んでもらったり、自分でも何度も読んだことがあったのですが、映画は初めて見ました!!

なんと1940年に公開された映画ということに驚きました!

おそらくデジタルで映像をきれいにしているのでしょうが、話の内容や映画の世界観も全く古さを感じませんでした。それどころか新鮮でした✨

ディズニーの世界観がより一層引き立っているように感じました☆彡

 

ピノキオの話の内容のメインは、“善悪の判断”というところだと思います。物語の中では良心という言葉が幾度と出てきますし、誘惑という言葉も出てきます。

 

色んな物や情報が溢れている現代の子どもにこそ見て欲しい内容でした。

 

また、大人が見てもハッとさせられる部分もありました。

私が思ったのは、悪いことは悪い人だけがするわけでなく、ピノキオのように純粋な子は何でも信じて疑うことを知らずに悪い道へ行ってしまうことがあるということです。

 

純粋で無垢なピノキオがなんとも可愛く、また自分の願いを信じる強い気持ちや大切な人を守る勇気を感じることができました。

 

機会があれば、いつか映画鑑賞会でみんなで見たいです😊

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です