Three Good Things

人の脳は、「ネガティブな出来事ばかりを何度も思い返し、記憶に残す」という性質があるそうです

これは生き残るための本能から来ています

「○○を食べたらお腹を壊した」→「今度から食べないようにしよう」
「歩いていたら犬に吠えられて怖かった」→「別の道を通るようにしよう」

など、危険を回避するために「ポジティブよりもネガティブな記憶が強く残ってしまう」のです

本能的なことですから、簡単にネガティブ思考をやめることはできませんよね

ですがネガティブなことばかりをずっと抱えていると、不安になったり落ち込んでしまいます

ではどうするべきか

ネガティブな記憶と同じぐらいポジティブな記憶を思い出して中和してしまうのはいかがでしょう?

タイトルにある Three Good Things

ポジティブな記憶をたくさん引き出して、それを習慣化する方法の一つです☺

Three Good Things は直訳すると「良いことを3つ」という意味

とってもシンプル!

「寝る前に今日1日にあった良い事を3つ上げて、記録すること」

ノートでもメモ帳でもお気に入りのものを見つけて書いてみてください

(私はズボラなので、Three Good Things 専用のスマホアプリを使っています)

・今日もうちの猫が可愛い
・散歩したら気持ちが良かった
・コンビニのお会計が777円だった
・テレビをつけたらたまたま好きな芸能人が出ていた
・バイト先の店長の機嫌が良かった

など、本当にちょっとしたことで大丈夫です◎

コツは必ず3つあげること

良いことが多い日は、TOP3を決めて書いてみてください

こうすることで意識的にポジティブな記憶を思い出し

1日を良い気分で締めくくることができます☺

そしてこれを続けていくことで

気持ちが楽になったり、前向きになるという効果が期待できます

だまされたと思って試してみてください!