新年のお祝いフード「ガレット・デ・ロワ」

今年のお正月は家に長くいる分、何か新しいことをしてみよう!ということで

娘が「ガレット・デ・ロワ」をお取り寄せしてくれました

ガレット・デ・ロワとは新年を祝うフランスの伝統的なお菓子です

食べ方の作法は地域差があるようですが、共通しているのは

・ガレット・デ・ロワ1台につき1つ「フェーヴ」(Fève)という小さい陶器の人形が入っている

・切り分けたガレット・デ・ロワをみんなで食べて、フェーブがあたったらラッキー

という点です。

我が家の初ガレット・デ・ロワは、フェーブの代わりにアーモンドが1粒入っていたのですが

なんと包丁を入れた1カット目で奇跡的にアーモンドを真っ二つにしてしまいました笑

ある意味ラッキー?

お味も大満足でした☺

サクサクのパイ生地にアーモンドクリームというシンプルなケーキですが

バターとちょっぴり感じる塩気がくせになる感じ

一切れ食べて、すぐ二切れ目に突入しました

新年だけとは言わず、年中食べたいです…来年も買おう…

日本国内でさえお雑煮の食べ方が地域によって違うように

世界にはまだまだ知らない色んなお祝い事と食べ物があるんでしょうね!

興味の湧いたものから少しずつチャレンジしてみてはいかがでしょうか☺

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です